小学生ニキビ 食べ物

ニキビを食べ物で改善する

人間は食べたものの栄養素を取り込んで分解して、自分の体を作っています。バランスの良い食事とは、その体を構成する組織に役に立つ栄養を摂ることで、健康に良い食べ物でも偏って食べていてはよくありません。

 

ニキビを改善する為には、体の内部から整える必要があります。ニキビを治し残ったニキビ跡を改善しても、体の内部を整えなければ、またニキビは顔を出すことになります。

 

美肌に効果的な栄養素は、何と言ってもビタミン類

 

ビタミンCは、肌のターンオーバーを促進しコラーゲン生成の原料にもなります。ビタミンB群は皮脂のバランスを整え、ビタミンEの優れた抗酸化作用は、メラニンの生成を抑えることができます。

 

これらビタミンは美肌や美白に欠かせない栄養素としてよく知られています。健康な肌とは美肌のことをいいます。ニキビは改善するには健康な肌にする必要があり、美肌を目指すことはニキビの改善に繋がるのです。

 

ビタミンCとビタミンE

 

バランスの良い食事

かぼちゃ、小松菜などの緑黄色野菜、果物、いも類に含まれています。

 

ビタミンB

 

豚肉、卵、豆類、青魚などが知られています。

 

いずれもごく自然に毎日食べられるものですから、他の食材とのバランスもよく考えて摂る必要があります。

 

ニキビに悪影響の食物

脂肪分

 

糖分

 

この二つは、健康な体をつくる、運動をするには必要な栄養です。しかし摂りすぎるとさまざまな害を与えてしまいます。
糖分は体内に入ると酵素により分解されてから体脂肪として蓄積され、脂肪分も食べ過ぎると肥満の元になります。特に脂肪は中性脂肪を増やし皮脂の増加に繋がっていきます。

 

ニキビに悪い食べ物

チョコレートやお菓子を食べるとニキビが出来るという人がりますが、これは脂肪分と糖分を一緒にとっているからです。

 

てんぷらやトンカツをはじめとする揚げ物には気を付けていても、ポテトチップスなどの油で揚げたお菓子を頻繁に食べていると皮脂が多くなり、ニキビができるようになります。また生クリームたっぷりのケーキは、脂肪と糖分がとても多い食べ物です。

 

トウガラシを初めとしたスパイス類も、食べ過ぎると胃腸の調子を崩し、肌のトラブルを招きます。肌にトラブルがあると、ニキビが出来やすくなります。

しかしニキビの改善のためとはいえ好きな食べ物を我慢し続けるのはストレスを増大させます。食べ過ぎないようにバランスをとることが大切です。

 

関連サイト

胸ニキビ跡

 

 

 

小学生ニキビナビ TOP