小学生ニキビ ホルモンバランス

小学生ニキビはホルモンバランスの乱れが影響

昔は小学生はお肌ツルツルで中学生になると、ちらほら思春期ニキビがで始めるとよく言いました。青春のシンボルという方もありますが、トラブルが出た本人はとても嫌な気持ちになり悩んでしまいます。

 

しかも昔は中学生からだったことが今は全体的に声変わりや初潮などの成長の過程で経験することが早まっていることから小学生でもニキビが出ている人が多いと言われています。

 

その原因として考えられるのは何でしょうか?また本来はツルツルでいるはずなのに出てしまうトラブルへの対策をどのようにするとよいでしょうか?子供だけではなく、親にとっても我が子の肌トラブルは悩みとなりうるので、具体的に詳しく見ていきましょう。

 

小学生ニキビの原因とは?

この小学生ニキビの主な原因は中学生と同じでホルモンバランスの乱れと言われています。成長する過程でだいたい中学生くらい(早い人は小学生)から、『男らしさ』『女らしさ』を演出するために、「成長ホルモン」と呼ばれるものの分泌が始まります。この成長ホルモンの分泌のときにバランスが乱れてしまい、乱れることで皮脂分泌が過剰になると言われています。

 

ニキビは皮脂分泌が過剰であると汚れも詰めやすかったり、雑菌も繁殖しやすかったりとトラブルが起きやすい状況を作ってしまいます。このホルモンバランスの乱れと、学校に通う上での知らず知らずのストレスが合わさって小学生ニキビの要因であると言えるでしょう。

 

小学生ニキビの対策について

小学生ニキビを治す方法や対策としては、思春期が過ぎるとホルモンバランスも整いやすくなり、皮脂分泌も抑えられてきますが、それを待つのはあまりにも長すぎます。だからこその対策が必要ですが

 

食事

 

ライフスタイル

 

肌ケア

 

が大切です。今はファーストフードや加工食品が多いので栄養も偏りやすいです。バランスよく食事を取り入れることと、きちんと睡眠をとること、肌ケアとして大事なのはニキビだからといって洗いすぎないことです。洗いすぎることで必要な皮脂までとり、結果さらに皮脂分泌が活発になり得るからです。お湯の温度もぬるま湯にして、あとは保湿を行います。このとき乳液はニキビ部分はさけます。

 

小学生ニキビがあっても対処できるか否かは周りの大人にもかかっているといえますね。

 

 

小学生ニキビナビ TOP