小学生ニキビ おでこ

小学生ニキビはおでこにできやすい

年齢が若いほど顔の上部にニキビが発生

 

小学生ニキビはおでこ

年齢が若いうちは顔の上の方にニキビができ、年齢が上がるにつれて少しずつ下の方にできていくと言われています。ですから小学生ニキビがおでこにできやすいというのは当然のことであり、原因としては様々なことが考えられます。

 

おでこにできるニキビは一般的には生活習慣と深い関わりがありますので、小学生ニキビであっても例外ではありません。

 

最近では小学生でも夜遅くまで起きていたり食生活が乱れていたりといった生活習慣の問題を抱えていることも多いので、ニキビができてしまったらまずは日頃の生活習慣を見直すことから始めなければなりません。

規則正しい生活は健やかな成長を助けますので、体のためにも良いこと

 

油分のコントロールでニキビ対策

毎日の洗顔できれい

おでこにニキビができてしまったら、しっかりと洗顔を行って油分をコントロールしなければなりません。小学生ニキビの多くは皮脂の分泌が増えることで起こります。皮脂は元々肌を守るために重要な役割を果たしていますが、増え過ぎると雑菌の温床になりますので、毎日の洗顔できれいに取り除かなければなりません。

 

ただし小学生の肌はまだまだ敏感ですので

 

強すぎる洗浄力のものを使用すると刺激が強すぎてかえってトラブルを引き起こすこともあります。汚れがそれほど酷くない時には弱酸性のものを選び、力を入れずに泡で優しく洗い上げることが大切です。汚れが酷い時には弱アルカリ性での洗顔がおすすめですが、日常的に使うと少し刺激が心配

 

保湿で肌のバリア機能をアップ

ニキビができると皮脂を取り除くことばかりを考えてしまいますが、実は保湿も重要です。大人になると肌が乾燥してしまうことがよくありますが、小学生でも実は頻繁に起こります。乾燥すると肌のバリア機能が低下してしまうため、防御反応が働いて皮脂の分泌を多くします。

 

毎日の保湿をしっかりと行うことで、小学生ニキビも予防することができますし、現在できているものもターンオーバーの働きにより改善させることが可能です。

 

肌ケアをしっかりと行ったら、あとは衛生面に気をつけてむやみに触らないようにすることも重要です。小学生くらいですと気になって触ってしまうことも多いのですが、触る際に汚れなどが付着するとリスクが高くなります。

 

 

小学生ニキビナビ TOP