男の子 ニキビ 原因

思春期ニキビと大人ニキビの違い

思春期ニキビというのは、10代の皮脂分泌が過剰に出過ぎてしまう成長期のことを言います。とくに思春期の男の子は、しっかりとした体作りを行うために成長ホルモンが分泌されています。この成長ホルモンというのが皮脂腺を刺激することで皮脂が過剰に分泌されます。これによって毛穴が詰まりやすくなって、アクネ菌が繁殖してニキビが出来やすい環境になります。

 

20代前後になると10代の頃とは違い

 

ホルモンバランスが整ってくるので、思春期ニキビが出来にくくなってきます。大人ニキビとは、出来る場所や治し方が違います。皮脂の過剰分泌が原因となっていると、額や鼻やTゾーンなどに出来やすくなります。大人ニキビは、顎やフェイスラインに出来やすいという違いがあります

 

思春期ニキビが出来る原因

10代というのは体が一生懸命大きくなろうとして成長ホルモンを沢山分泌します。この成長ホルモンは、大人の体になる為にはとても大切なものです。ですがこの成長ホルモンは、ニキビが出来やすくなる皮脂を沢山出してしまう働きがあります。

皮脂腺というのは

 

少しの刺激でも直ぐに皮脂を分泌してしまうので、成長ホルモンとの相性はよくありません

とくに男の子の場合は沢山体を動かすため、皮脂が過剰に分泌されて、綺麗に皮脂が取り除かれずに毛穴をふさいでしまうので、ニキビが出来やすくなります。10代は汗をかくことが多く、その汚れが原因でニキビになる可能性はとても高いので、その都度毛穴に溜まった汚れを取り除く必要があります。

 

思春期ニキビを出来にくくする為の対策

思春期ニキビというのは、成長する上で起こる現象のため根本的に治すということは難しいです。ですが悪化をしないようにする方法はいくつか存在します。塗り薬または飲み薬を利用した方法や、ビタミン剤を使って皮脂の過剰分泌を抑えるという方法もあります。

 

スキンケア面では、こまめに洗顔をすることによって常に清潔を保って、余分な皮脂を洗い流すことも大切です。薬局などで販売しているニキビの薬は、思春期ニキビ専用のものがあるのでそれを使用すると、皮脂の分泌を抑えると同時に毛穴の周辺を乾かしてくれる働きをしてくれます。なので男の子は入浴以外の時でもこまめに洗顔をして(ファーストクラッシュ等で)余分な皮脂を落とすことが大切

 

小学生ニキビナビ TOP